HOME > 歯周病と噛み合わせの関係

歯周病と噛み合わせの関係

私たちは、歯周病によって失われたかみ合わせを治療します。

歯周病によって奥歯を失うと、徐々にかみ合わせが失われ、前歯が移動したり、歯並びも悪くなり、食事・発音・審美的に障害をきたします。
この状態を咬合崩壊とよびます。
西堀歯科では、正確な診査、診断を行い、歯周治療・矯正治療・インプラント・補綴治療(かぶせものの治療)などを用いて、失われたかみ合わせを取り戻す治療を行うことができます。

 歯周治療から始まるお口の環境改善

歯が抜けると噛み合わせのバランスが崩れてしまいます

歯周病を放っておくと症状が進行し、歯が抜けてしまう場合があります。そのままではバランスが崩れてしまい、左図中央のように抜けた歯の両側が傾き、やがて他の歯にも悪影響を及ぼします。早めの治療が大切ですが、歯が抜けてしまったり、その影響で他の歯の噛み合わせも悪くなってしまった場合は、矯正や審美的要素も含めた総合的な歯周治療が可能です。


歯周病の治療後、矯正治療へ

歯周病だけでなく、歯並びによって噛み合わせが悪く、歯の無い箇所もあります。治療後には、歯周病はもちろん歯並びも綺麗に治し、整った機能的なお口になりました。

治療前

治療後