HOME > 第三の歯「インプラント」|インプラントとは

第三の歯「インプラント」|インプラントとは

インプラントとは、生体親和性の高いチタンという金属を人工歯根として骨の中に埋め込み、それを土台として歯をいれる方法です。

虫歯や歯周病にならないよう予防することが大切ですが、「不幸にも何本かの歯を無くしてしまった方 」や「入れ歯を入れたくない方」、そんな方のための優れた治療法がインプラントと呼ばれる人工歯根治療法です。 その感覚は、まるで自分の歯のように安定した状態を保つことができます。

インプラントの様子

インプラントの素材

左図がインプラント本体です。インプラントの素材であるチタンという金属は、医科では人工関節などにも使用されている最も体とのなじみがいい金属で、金属アレルギーの可能性が極めて低い金属です。

インプラントの利点は?

ブリッジと比較した場合

インプラントは単独でも歯を入れる事が可能な為、隣の健康な歯を削る必要がありません。


インプラント


ブリッジ


入れ歯と比較した場合

はりがねや床がないため異物感がなく、取り外しも必要ありません。インプラントは固定性であるため揺れが無く、自分の歯のようにしっかり咬むことが出来ます。

インプラント

入れ歯

インプラントの治療例

上顎にインプラント

上顎(上の歯)の両側が欠損しています。インプラントと上部構造(義歯)により、きれいな歯並びを回復しました。下がっていた歯ぐきも元の位置に戻し、しっかりした歯並びとなっています。

また、前歯の裏側には金属が使用されていましたが、目立つ場所なので金属は使用せず、自然な見た目になりました。

術前

術後


義歯をインプラントに変更

はめ込むだけの義歯から、インプラントを利用した義歯にかえた例です。
口の中での安定性が高まったほか、取り外してのメインテナンスが不要になり、使い勝手も向上しました。

術前

当院を訪れた時の状態です。前歯の両側二本を削って、そこに義歯(写真中央)がセットされていました。義歯の左下にピンク色の部分がありますが、これが床(しょう)で義歯を口腔内で安定させるためのものです。


術後

インプラントを利用して、確実な安定性を持たせた義歯を装着することで、快適な口腔環境を実現した例です。


前歯にインプラント

術前のレントゲンを見ると、歯(歯根)に亀裂(横に走る黒い線)が入っているのが分かります。患者さんの希望もあり、インプラント治療を行いました。インプラントの上にかぶせる義歯部分の色や大きさも調整し、術前の写真に見られる前歯のすき間もなくなり、見た目も向上しました。

術前

術後


治療後の見た目の違い

治療前と治療後の様子の違いを比較できる写真で見てみましょう。
見た目の良さは、もっとも重要な機能性の向上の結果としてあらわれます。

正面から見た状態

口の中の状態

顎の右側を見た状態

顎の左側を見た状態

インプラント治療後のメインテナンス

インプラントは治療終了後も歯と同様、適切なお掃除が必要です。
インプラントは金属でできているため虫歯にはなりませんが、インプラント周囲に歯垢が付着した状態が続くと

そこに接している歯肉に炎症が起こり、出血が見られたり、腫れたり歯周病と似た症状が見られることがあります。
毎日のお掃除では取りきれていない歯垢を年に数回取り除くメインテナンスが必要です。