HOME > 院内の衛生対策

院内の衛生対策

衛生的な環境の構築が、安全で安心できる治療を実現します。

報道などで院内感染という言葉をよく聞くようになりました。
医療機関で治療をする際に、治療器具や人体などを通して、人から人へ病気が移ってしまったりすることです。
そうした病気には肝炎やMRSA、HIVなど大変深刻なものがあります。そのため院内感染の予防対策は、医療機関にとって大変重要なことであり、院内感染など絶対におこしてはならないのです。

治療にあたるスタッフひとりひとりの心がけと行動はもちろん、使用する器材・器具なども徹底した衛生管理を行うことで、細菌だけではなく不安もすべて除去してしまいます。

 器具の衛生対策

治療器具は、下の写真のようにプラスチックやステンレスの容器に納め、写真右下の滅菌器できれいになります。

滅菌された器具は、必要なセットでパックされ治療の直前に開封します。

このように、患者さんが直接触れる器具は1つ1つ滅菌していきます。